[佐賀市の探偵の盗聴器発見調査]家具の位置がずれていると思ったら、まさかの……

皆様、おはようございます。

佐賀県の探偵事務所「109探偵事務所」の調査員です。

いつも当探偵ブログをお読みいただきありがとうございます。

今回は、家具の位置が微妙にずれていることに気づいて調査を行ったところ、盗聴器が発見された事例をご紹介いたします。

※ご依頼者様には、氏名などを公表しないことを条件として、記事にすることをご了承いただいております。

■家の中の微妙な違和感の正体は……

依頼者:佐賀県佐賀市 30代 会社員 Iさん

ある日、外出先から帰ってきたIさんは、リビングに足を踏み入れてふと違和感を覚えました。うまく言えないけれど、何かがいつもと違うような……。首をかしげつつもソファに腰掛けテレビを見ていたIさんは、やがて違和感の正体に気づきました。家具の位置が微妙にずれているのです。

ソファの近くには引きずったような跡もありましたし、棚に隠れて日焼けしていなかった壁紙が少し露出しています。さらに寝室でも、ベッドの位置がわずかに変わっていました。Iさんはここ最近、掃除や模様替えのために家具を動かしたことはありません。つまり勘違いでなければ、何者かが侵入して家具を動かしていったということに……。

■部屋に侵入したのは別れた交際相手か?

家具のずれに気付いたIさんが真っ先に疑ったのは、少し前まで交際していた女性でした。考え方の違いが原因で別れてしまったのですが、女性の方はIさんにかなり未練があるようで、その後もしばしば連絡をしてきていたのです。交際中に渡していた合鍵は返してもらっていましたが、もし複製されていたとしたら、いくらでも部屋に出入りできるでしょう。

恐怖を感じたIさんは警察に相談しようとしましたが、この程度のことで警察が動くとは思えません。そこで、証拠を確保すべく管理会社に連絡し、防犯カメラの確認を申請しました。それに加え、盗聴器が仕掛けられている可能性を疑い、弊社に調査を依頼されたのです。確かにこの状況では、盗聴を強く警戒しなければなりません。

■元交際相手は、コンセントの中に盗聴器を仕掛けていた!

専用の機材を使ってIさんの部屋を調査したところ、予想通り盗聴器が発見されました。設置されていたのはソファの裏側……ではなく、ソファによって隠れていたコンセントの中です。同僚に寝室でも、ベッドのすぐ近くにあるコンセントから盗聴器が出てきました。電気を盗んで半永久的に稼動し続けるタイプなので、放っておけば家の中の会話が筒抜けになっていたでしょう。

そして後日、許可が下りたのでマンションの防犯カメラを確認したところ(盗聴器の発見が後押しになったようです)、やはり元交際相手が部屋に侵入していたことが判明。犯人は彼女と見てほぼ間違いありません。現在は警察に相談中で、防犯の問題からエントランスのオートロックを交換しなければならない可能性もあるそうです。一刻も早く解決されることを願っております。

■佐賀市の盗聴器発見調査は、109探偵事務所へ!

交際相手がストーカーと化してしまう事例は非常に多く、相手が未練を見せているようなら十分に警戒する必要があります。合鍵を使って家に侵入され、盗聴器を仕掛けられるケースも珍しくありません。家具のずれは何者かが侵入したことを示すサインなので、気づいたらすぐに109探偵事務所までご相談ください。